Our New Campus

 

 

Campaign logo for campus development

日本語版は英語版の下にあります

Location and Scale

The new YIS campus will be built on a 14,685m2 greenfield site in Kominatocho, Naka-ku, Yokohama, less than 2 kilometers from our present campus. The site is adjacent to a shopping complex and close to other commercial and residential areas of the Honmoku neighborhood.

The new site is about 50% larger than our current campus and will accommodate a full-size athletic field in addition to the classroom buildings. Current plans under development call for the construction of two buildings: a 4-story structure housing the library, cafeteria, performing arts center and most of the classroom areas and administrative offices, and a 3-story structure housing the Early Learning Center and PE facilities, including a double gymnasium and indoor swimming pool. Total floor area for the two buildings will be about 50% larger than the nine buildings that comprise our current campus.

Our Partners

We are thrilled to be working with Kengo Kuma & Associates (KKAA) as lead architect for the project. Kuma-san, a Yokohama native widely recognized as one of the world’s leading architects, is particularly well known for his use of wood and other natural materials, which we plan to incorporate into our new campus design. Among his notable projects is the new national stadium for the Tokyo Olympics. Our general contractor for the project is Taisei Corporation, one of Japan's largest and most respected contractors and a frequent collaborator with KKAA, including for the Olympic stadium project. We are also pleased to be partnering with Jones Lang LaSalle (JLL) as project managers. JLL have broad international experience in managing large-scale projects such as ours. 

Architectural Direction and Key Features

In launching our new campus design, we articulated several key principles as part of an architectural brief (see excerpts here). Chief among these were the desire to make every space a learning space and to retain and enhance the warm sense of community that people have when walking into our school now. Following on from this direction will be the creation of multiple open hub spaces that allow learning to flow flexibly in and out of classrooms as well as larger common spaces - both inside and outside - for community interaction.

Other key features and improvements include the following:

  • Larger more flexible learning spaces that better reflect and align with our approach to teaching and learning.

  • Greatly enhanced athletic facilities, including a full-size soccer pitch, double gymnasium, and 25-meter indoor swimming pool.

  • Integrated performing arts center with 420-seat auditorium, black-box drama teaching and performance space, larger music rooms and practice rooms all in close proximity to each other.

  • Art & Design area with expanded workshop and studio space to accommodate a wider range of creative endeavors.

  • A self-contained campus for greater convenience and security.

Project Schedule

After more than two years of planning and design, building permits were obtained in June 2020 and on July 1st construction of the new YIS campus officially got underway. Ground stabilization and foundation work is taking place over the summer of 2020 and the steel framework for the two buildings will start to take shape in the autumn. Construction is expected to take about 15 or 16 months to complete, and after furnishing and outfitting we plan to move to the new campus during the winter holidays in 2021 and begin classes in our new home in January 2022.

日本語版

新キャンパス

所在地および規模

新キャンパスは、現在のキャンパスから2キロ弱離れた横浜市中区小港町にある14,685m2の更地に建設される予定です。建設予定地は複合商業施設に隣接しており、本牧地区のその他の商業地域や住居地域からも近い場所にあります。

新キャンパスは現在のキャンパスに比べて50%程広く、教室棟に加えてフルサイズの運動場を備える予定です。現在進めている計画では建物を2棟建設することになっています。一棟は4階建てで、図書館、カフェテリア、パフォーミングアーツセンター、教室の大部分と事務局が入る施設です。もう一棟は3階建てで、アーリーラーニングセンターと2つのバスケットコートを持つ体育館および屋内プールを備えた体育施設が入ります。両施設を併せた全フロアの総計は、現キャンパスの9つの建物を合わせたものに比べ、約50%広くなります。

プロジェクトパートナー

私たちは、このプロジェクトのリードアーキテクトとして隈研吾建築都市設計事務所(KKAA)を迎えることが出来たことを大変嬉しく思っています。隈研吾氏は横浜出身で世界的に有名な一流建築家の一人であり、特に木材や様々な天然素材を活かすことでよく知られています。私たちは新しいキャンパスにそのような素材を取り入れることを計画しています。同氏が手掛けている有名なプロジェクトの中には、東京オリンピックの為に建設された新国立競技場があります。本校のプロジェクトを担う総合建設業者は大成建設株式会社です。日本屈指の総合建設業者であり、新国立競技場の建設をはじめとするプロジェクトを隈研吾建築都市設計事務所(KKAA)と共に数多く手掛けています。加えて、プロジェクトマネージャーとしてジョーンズ・ラング・ラサール(JLL)を迎えることが出来たことも嬉しく思っています。ジョーンズ・ラング・ラサールには私たちのプロジェクトのような大規模プロジェクトを運営する幅広い国際経験をお持ちです。

設計方針および主な特徴

新キャンパスの計画を立ち上げるに当たって、私たちは建築要件(英語版の抜粋はこちらをご覧ください)の一部としていくつかの基本方針を明確にしました。これらの中でも最も重要な点は全てのスペースを学びの場にすることです。また、今のキャンパスに入ってくる時に、私たち皆が感じるコミュニティーの温かい雰囲気を保ち、更にこれを高めることです。この方針に基づき、多様なオープンハブスペースを設けることで、教室や、より広い共用スペースを自由に行き交いながら学べるようになり、コミュニティー間の交流が図れるようになります。

その他の主な特徴および向上する点は次の通りです。

・本校の授業や学習アプローチをより良く反映し、これにフィットした、広く柔軟性のある学習スペース。

・フルサイズのサッカーピッチ、2つのバスケットコートを持つ体育館、そして25メートル室内プールを備える大幅に拡充された体育施設。

・420席の観客席を備えた講堂、演劇の授業に使用するブラックボックスおよびパフォーマンスエリア、より広い音楽室と練習用個室など全てを近接させ、一体化したパフォーミングアーツセンター。

・より幅広い創造活動を行うため、工房やスタジオにも利用できる広いアートおよびデザインエリアの確保。

・さらなる利便性と安全性が確保された自己完結型のキャンパス。

プロジェクトの予定

2年あまりの計画及び設計期間を経て、2020年6月に建築確認を取得し、7月1日からYISの新キャンパスの建設が本格的に始まりました。2020年の夏に地盤改良および基礎工事を行い、秋には2つの校舎の鉄骨組み立てに着手します。建設期間は概ね15〜16か月程度を予定しています。内装設備を整えた後、冬休み中に新しいキャンパスへの引越しを行い、2022年1月には新校舎で授業を開始する予定です。